学校案内 ー 児童生徒の心得
2007年4月14日 改訂
1. 借用校として守らなければならないこと
(1) 教室内、廊下などの掲示物や物品などには手を触れないこと。

(2) 机、椅子などを動かした場合は、必ず元の状態に戻しておくこと。

(3) 建物(窓ガラスなど)、器材を破損した場合は、必ず先生又は事務局に報告すること。

(4) トイレを使用した場合は、後始末をきちんとすること。

(5) 校舎内ではボール遊びなどをしないこと。

(6) 黒板(ホワイトボード)は使用後きれいに拭いておくこと。

(7) ゴミは決められたゴミ箱に入れること。

(8) 使用後は教室の窓を閉めること。

(9) 建物に入る前に、靴の泥、芝などを落とすこと。(特に雨天の場合)

(10) 補習校内では、日本語のみ使用すること。
2. 学校生活の中で守らなければならないこと
2-1 学習

(1) 決められた時刻を守り、けじめをつけて学習しましょう。

(2) 授業中は、私語をつつしみましょう。

(3) 他の児童生徒に迷惑になるような行動はしないようにしましょう。

(4) 学習用具、宿題等は、忘れないようにしましょう。

(5) 家庭学習を計画的にしましょう。
2-2 学内生活

(1) 皆、助け合い、仲良くしましょう。上級生は下級生の面倒をみましょう。

(2) 挨拶を進んでする。丁寧な言葉を使いましょう。

(3) おやつ、お菓子等は、昼食時間以外には食べないようにしましょう。

(4) 自分の持ち物には、必ず名前をつけましょう。

(5) 図書室から借りた本は必ず期限内に返却すること。